なぜお肌って老化するの?

そもそもお肌が老化しなければスキンケアに時間かけることがないのに。
そんなこと思う人はいませんか。
なんでお肌は老化するのでしょうか。
お肌は紫外線の影響がほとんどで老化が進みます。
生まれてから、肌はどんどん肌は紫外線を浴びて老化していきます。
肌が悪くなるのは、活性酸素といわれます。
活性酸素というのは、肌が錆びつくということです。
つまり、時間が進むにつれてお肌はどんどん老化していくのです。
年齢によってお肌はだんだん老化していくため肌にしわができたりシミができるのもしょうがありません。
ただ、それを遅くするために、アンチエイジングをすることはできるのです。
またシミ取りクリームなどの、お肌をきれいにするための化粧品がありますので、お肌をケアしてきれいを維持していきましょう。
お肌はきれいに保っていこうとすれば10~20代は遅く進むことが証明されています。
ですから、10代から20台のうちにアンチエイジングをすることを心がけましょう。
その方法は、現在販売されているもので、アンチエイジング化粧品の基礎化粧品を使い、
お肌に使ってあげることだけでよいのです。
そうすることでお肌は遅くしわができます。

さらに食べ物からも抗酸化力を取ることもできます。ビタミンA,C、Eは優れた栄養素です。
またまとめて込みお肌をきれいにしましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>